電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

月2回発行されている情報紙です。
上旬号では、小島院長が歯並びや矯正治療のお悩みにお答えしています。

「矯正治療の期間はどれぐらい?」知多ホームニュース令和4年6月号掲載

2022年6月4日

 

13歳G君から

『自分の場合、矯正治療をしたら期間はどれぐらいかかるでしょうか?

もちろん途中でサボったりしたら期間が伸びてしまいますよね?』

 

『G君の場合13歳ですが歯並びはもう大人の歯ですので成人矯正を進めていくことになります。

目安は約2年です。

2年間しっかりと装置を管理、装着して集中してその期間内にやることが大切です。

もしそれ以上の期間がかかるとしたらそれは矯正治療の限界を超えて歯を動かすこととなり自分の体本来の状態よりも無理な移動となるかもしれません。

サボってしまうと歯を動かす期間が不必要に長くなるため歯にとって良くないです。』

 

│ 前回の記事 >

「小1からの矯正治療」知多ホームニュース令和4年5月号掲載

2022年5月7日

 

Dさん(6歳)のお母様より

『うちの子はなかなか言うことを聞かないので治療がうまくいくか心配です』

 

『その子によって性格も違い様々です。

塾に行って勉強するのと同じように、やればやったなりに成果は出ますが、塾に行くだけでサボっていれば、成果は弱いです。

ですが、特に小児矯正治療においては年齢を上げれば上げるほど、子供の精神的な年齢が成長し医学的な管理が難しくなると言われていますので小1から小2に始めるのが体の成長も加味してとても重要なことです。

また保護者がこの子はできると信頼していくこともとても大切です。』

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「小学校低学年の矯正」知多ホームニュース令和4年4月号掲載

2022年4月9日

 

Bさん(6才)のお母さんより

「子供の歯が出っ歯でガタガタしているように思いますが?

矯正したほうがよいですか?」

 

6~9才ぐらいの時期に矯正治療を早くスタートさせることは重要です。

歯やアゴがずれていく原因を治すことができます。

原因の除去は年齢が上がり成長が進むほど難しくなっていきます。」

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「6歳未満の予防矯正」知多ホームニュース令和4年3月号掲載

2022年3月5日

 

 

4歳Aさんのお母さんより

『小学校1年生になったら矯正治療を受けたいですが、現在4歳で気をつけたほうが良い事は何かありますか?』

 

『矯正治療を行う上で、実際に治療装置を使い始めるのは6歳位のスタートが最も適している場合が多いです。

しかし予防矯正はもう既に0歳から始まっていると考えてください。

口の周りの筋肉の遊びや、鼻で呼吸する練習を行います。

夜間における深い睡眠や脳の発達とも大きく関係があります。』

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「矯正治療の限界」知多ホームニュース・令和4年2月上旬号掲載

2022年2月5日

 

 

「はり金を使って歯並びを直しましたが、少しずつ戻ってきますか?

 

「少しずつ後戻りする可能性があります。

それを防ぐには、マウスピースをはめたりすることです。

しかし、その人固有の生理的に安定する位置に少しは戻っていくことが考えられます。

また、口の周りの筋肉や、歯ぎしり、呼吸、飲み込み運動などその人のクセや生活習慣によっても個人差があるものです。

加齢によっても常に変化が考えられます。」

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「マウスピース矯正の特徴」知多ホームニュース・令和3年12月上旬号掲載

2021年12月3日

 

Eさん(12才)のお母さんより

「この子にはマウスピース矯正は合っていますか?」

 

「もし、小学生低学年であれば乳歯も残っていて、顎の骨、筋肉の土台をよくするトレーニング用のマウスピースが適しています。

Eさんはもう永久歯ばかりなので、歯の位置をなおすマウスピースが適しています。

口の周りの筋肉のズレも補正が必要ですので、補助的にトレーニングを指導します。」

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「矯正相談のタイミング」知多ホームニュース・令和3年11月上旬号掲載

2021年11月1日

 

Fさん(5才)のお母さんより

「自分が歯並びが悪いので、子どもも悪くなっていくのではないかと気になります。

何才になったら矯正相談を受けたらよいのでしょうか?」

 

「今現在、ほとんど多くの子どもは不正咬合の咬み合わせ、歯並びの問題があります。

比較的早めに相談されるのがよいです。

0才~6才では予防矯正を行い、7才~10才くらいで装置を使った矯正を行うことで、それ以降、さらに大きな装置を入れなくても済むことが多いです。

(予防矯正では簡単なトレーニングを行い、何もしないで萌え変わりを待つことなく、貴重な成長時期を活用します。)」

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「1.7gの力で歯は動く」知多ホームニュース・令和3年10月上旬号掲載

2021年10月8日

 

Bさん(6才)のお母さんより

「兄弟みんな歯並びが悪いです。

原因は何ですか?遺伝ですか?」

 

「最近の研究では遺伝要素はかなり少ないということがわかってきています。

実は、ほとんどの原因は、舌、顎、口唇の筋肉の間違った習慣です。

具体的には口呼吸や間違った嚥下です。

舌の力は500gあり、歯や顎をずらしていきます。

これらの改善を、マウスピースを用いて矯正治療します。」

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「つばを飲み込む顔」知多ホームニュース・令和3年9月上旬号掲載

2021年9月3日

 

Yさん(20才)のご家族より

「娘はつばを飲み込んだり、食事する時に下あごのまわりや頬がとても動いてダイナミックな表情を繰り返しています。

嚥下がおかしいですか?」

 

「つばを飲み込む回数は一日4,000回とも言われています。

正しい嚥下では頬の筋肉はあまり使われないです。

外からみて顔の動きはほとんどないです。

間違った動きをしていると、アゴが外れる、歯並びがくずれるなどが起きます。

この飲み込む動作は小さな荷重ですが、日々これを続けていると、やがて大きなズレとなっていきます。

正しい嚥下では唇は閉じていて、舌は上あごの裏にあがって押している状態です。」

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

「後戻りしない矯正」知多ホームニュース・令和3年8月上旬号掲載

2021年8月2日

 

Yくん(6才)のお母さんより

「小学校一年生で、はやくに矯正を始めても、また大人になってから後戻りするのを防ぐにはどうしたらよいでしょうか?」

 

「矯正のスタート時期は、小学校一年生、二年生くらいの早い時期がベストです。

骨格と筋肉の正しい成長を促すことができるからです。

できるだけ早期に筋肉に正しい鼻呼吸を覚えさせることが後戻りを起こさないポイントです。

また親知らずが萌えてくることもあり、長期的なフォローが大切です。」

 

< 次回の記事 │ 前回の記事 >

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0526018001へ

受付時間
9:00〜12:00
14:30~17:30
▲土曜 9:00~13:30 【休診日】日・祝祭日・土曜午後
初診最終受付 17:00、土曜初診最終受付 13:00
ご予約・お問い合わせはこちら
小島歯科室の外観
初診の方限定、歯ブラシ・キシリトールガムをプレゼント
© 小島歯科室