電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー
Surgery in a dental clinic. The dentist surgeon stitches the wound in the patient's mouth. stitch up the wound dentist High quality 4k footage

ブリッジが壊れる

2024年4月7日

こんにちは。先日見た患者様でブリッジが壊れてきた患者さんがいました。このブリッジは3本分のブリッジで真ん中には1本元々歯がない状態です。手前の方が割れてきました。そしてこのブリッジは約10年ほど前に作ったものでした。

どうしてこのようなことが起きるのでしょうか?この状況を見るに原因としては、噛み合わせが強いということとあと、もう一つは上の歯の噛み合わせ、歯の並びが良くなくて凸凹しているということです。凸凹している曲がった噛み合わせでずっと噛み続けるために、どうしても力のバランスが難しく、壊れてくると言うことです。

まず1つ目の噛み合わせが強いと言うことに関してお話をしたいと思います。一般的にどんな人でも、力持ちとか、私は力が弱いとか、筋肉の量は違いますね。顎にも当然筋肉があり、そこでものすごく力がかかるようなタイプの人と、あまり筋肉が弱く、力がぐっと出ない人など別れるわけです。筋肉が強い人だとものすごく強い力を普段からかけているわけです。そうすると人工物が壊れてくることが考えられます。顎の力が強い弱いに関して話を進めていくと、何も体が大きい男性の人だけが顎の筋肉の力が強いと言うわけでもありません。女性でも顎の筋肉だけは強いと言う人はいくらでもいます。

すなわち一見体が細そうで小さい人でも顎の筋肉だけはすごい強いと言う人もいるのです。で、このような方は大抵の場合、夜間寝ているときに強く噛み締めたり、歯ぎしりをしている傾向が強いです。毎日夜な夜な筋トレを行っていると言うことです。毎日やるわけですから筋肉は相当鍛えあげられます。もしかしてあなたは週三回ジムに行ったりして筋トレをしているかもしれません。しかし毎日1週間欠かさずすべての日バッチリ6時間もトレーニングをしている人というのはなかなかいないですよね。

ですが、顎の筋肉の場合は、毎日1週間1日も欠かさず何時間もトレーニングしている人が世の中にはいるわけです。そしてそれはそんなに珍しいことではないのです。そうするとすごい力がかかっていて、歯のかぶせ物、ブリッジが疲労して壊れてくることがあると言うことです。もしこのブリッジを壊さない、かぶせ物を壊さないためにどうしたらいいかと言うと、1つはマウスピースをはめて寝ることです。夜間就寝用のマウスピースというものがあります。薄い0.5ミリほどのプラスチックのマウスピースです。ボクシングのようなしっかりした厚みのあるものではありません。

ちなみに、ボクシングのマウスピースはスポーツ用であり、上顎の骨の骨折を防いだりすることが大きな目的ですので先に述べた夜寝るときのマウスピースとは全く別物です。

ではもう一つの噛み合わせの並びが悪く凸凹しているからと言う話をお伝えしたいと思います。残念ながら日本人は歯並び噛み合わせが悪い人が多いです。私はいつも思うのですが、この人矯正すれば、もっと良くなるのにちょっとでもいいから歯並びを良くしておけば、もっと長く歯が安定して長く持つのになと思うことがしばしばです。

しかしそのようなことをお伝えしても、やっぱり治したほうが良いですよねと言って積極的に改善を考える方もいれば、一方でもう歳だからとか、もう今更だからと。まぁ1つは費用がかかるということが気になるのではないかと思われます。確かに費用はある程度かかるのですが、自分の健康には投資をすべきだと思います。

結果的に自分が快適で健康で無駄に病気にならず、入院したりもせず、良い人生を送るのか、何度も歯が悪くなり、再治療を繰り返したり、様々な全身疾患の病気が進行していくのか。例えば糖尿病や心臓病などはお口と大きな関係があると言われていて、お口の状態が悪ければ、様々な全身疾患はどんどん進んでいきます。もう一度話を噛み合わせの凸凹に戻しますが、上下で歯は噛んでいるわけです。ブリッジが仮にきれいに作ってはめてあったとしても、相手の歯が凸凹していれば、そのずれたものときれいなブリッジが噛むわけで無理があるのです。いくら新しくきれいなブリッジを作っても相手が凸凹していれば良くないですよね。ですから噛み合わせを完璧にとは言いませんが、ある程度良くしていくことを考えた方が良いと思います。

先日ある患者さんが自分は歯並びが気になるけど、矯正治療をするほどでもないと思う。別に芸能人じゃないんだから、そこまで頑張らなくてもいいと思ったとおっしゃっていました。確かに見た目だけを徹底的にこだわるということは一般的には無いのかもしれません。

ただ、健康維持するためのレベルでの並び噛み合わせは治療しても良いのかなと常々思っていますし、また噛み合わせはある程度直すということは、結果的には見た目はある程度きれいにすると言う事と全く同じ意味となります。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0526018001へ

受付時間
9:00〜12:00
14:30~17:30
▲土曜 9:00~13:30 【休診日】日・祝祭日・土曜午後
初診最終受付 17:00、土曜初診最終受付 13:00
ご予約・お問い合わせはこちら
小島歯科室の外観
初診の方限定、歯ブラシ・キシリトールガムをプレゼント
© 小島歯科室