電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

歯ッピーになる歯の話 その169~知多ホームニュース・令和3年3月中旬号掲載

2021年3月15日

 

 

「デジタルレントゲン」

 

こんにちは、3月です。少しずつあたたかくなってきましたね。

あなたは普段日常生活を送っていて、放射線を浴びていることをご存じですか。

自然放射線といって、太陽や大気から浴びます。大地からも浴びます。

また食べ物の中にも入っています。

このような自然放射線を年間あたり約2.4ミリシーベルト浴びているといわれています。

ちなみに日本からアメリカまで飛行機で往復すると0.2ミリシーベルト浴びるそうです。

私たちは実は放射線被ばくをまったく受けないで生きていくということはとても難しことになっているのです。

では、私たちはとても危険な状態にあるのかというと、そうではないのです。

年間あたり100ミリシーベルトまでの放射線を浴びてもガン細胞が過剰に発生しないというデータがあります。

ですから、もしあなたが、一年間あたり100ミリシーベルト以上浴びるようでしたら、気をつけた方がよいでしょう。

しかしそのような状態になることは通常ないと思います。

では歯科医院におけるレントゲン検査はどうでしょうか?

歯科医院におけるレントゲンは最近はとてもよい医療機器が開発されていて、デジタルレントゲンというものになっています。

このタイプのものはきわめて放射線が少ないです。

小さいレントゲン写真一枚なら0.01ミリシーベルトです。

大きな写真を一枚撮ると0.03ミリシーベルトです。

このような低被ばくのデジタルレントゲンは一年間あたり10枚、20枚撮影したとしても、自然放射線よりもかなり少ないのです。

安全なのです。

このようなことから、レントゲン検査をして、より正確な情報のもと、歯科治療を行っていくのです。

例えば妊婦の方でも、デジタルレントゲン検査では体への影響はかなり少ないです。

ですので、正確な診断が必要な場合には、この検査を行うことがあります。

(しかし、精神衛生上負担になることもありますので、多くの場合撮影を控えています。)

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0526018001へ

受付時間
9:00〜12:00
14:30~18:30
▲土曜 9:00~13:30 【休診日】日・祝祭日・土曜午後
初診最終受付 18:00、土曜初診最終受付 13:00
ご予約・お問い合わせはこちら
小島歯科室の外観
© 小島歯科室