電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

月2回発行されている情報紙です。
中旬号(歯ッピーになる歯の話)ではお口にまつわるコラムを掲載しています。

「歯ぎしり」歯ッピーになる歯のはなし・その190~知多ホームニュース令和4年12月号掲載

2022年12月16日

 

皆さんこんにちは、12月です。今年もいよいよ残すところわずかです。お元気にお過ごしでしょうか?

今回は歯ぎしりについて話をしたいと思います。

あなたは自分が歯ぎしりしていると思いますか?

もし自分で自覚しているようであればそれは相当歯ぎしりをしていて自らその音を聞いているのかもしれません。

多くの場合は自分では歯ぎしりしているかどうかはよくわからないと言う人が実は多いです。

そして歯ぎしりをしているかどうかは自分以外の誰かに、家族などに聞いてみることです。

夜寝てるときに私は歯ぎしりしていると思うか?と聞いてみることです。

そうすると人によっては夜寝てるときにとても凄い音がしているよ、ギリギリギリギリ音が聞こえてくるよなどと言われるわけです。

それ以外にも歯ぎしりしている可能性を判断する方法はあり、それは歯科医院でお口の中を調べることです。

そのポイントとしては歯ぎしりによって歯が削れている跡がある。

顎の骨に特有の隆起があり、でこぼこした骨の形のことです。

歯ぎしりにより力がかかっていると思われる状況があること。

歯ブラシをしっかりやっているにもかかわらず歯周病が進行しやすい、あるいは歯の周りの骨が減っている。

かぶせものがよく取れたり歯がかけたりする。

などです。

このような歯ぎしりは実は様々な問題があります。

それは、歯周病を進行を加速させたり、歯が欠けたり折れて失ってしまうことです。

歯ぎしりに対する治療法としては歯型をとってマウスピースを作ることが一般的には多いです。

夜寝るときにそのマウスピースをはめて利用します。

では皆さん、また来年も元気で健康な生活を送ってください。

 

│ 前の記事 >

「医療費控除」歯ッピーになる歯のはなし・その189~知多ホームニュース令和4年11月号掲載

2022年11月25日

 

こんにちは、11月です。今年も残すところあと1ヵ月とちょっとです。お元気にお過ごしでしょうか?

今回は医療費控除に関してお話をしたいと思います。あなたは医療費控除の制度を利用して、自分の払った税金を還付して戻すなどのことを利用したことがあるでしょうか?

医療費控除とは、ごく簡単にかいつまんで話すと、あなたが様々な病院に行ったり、入院したり、歯科医院で治療を受けたり、歯科矯正を行ったり、このようなことで医療費を支払っています。

その1年間の合計金額が一定以上多いと、その金額の割合に応じて税金が支払った少し戻ってくると言うものです。

また戻ってくるかどうかはその人の年収などにも比例して額は違うのです。

払った税金が多いほど、戻ってくる額も比例します。

ですので、一般的には一年間自分の支払った医療費の領収書を大切に取っておきます。

そして一年間分をまとめて合計して医療費控除やってみようと言うことになるわけです。

さて、金額が10万円以下等の場合にはこの制度の対象にはならないことが多いです。

ですのである程度、入院したり、歯科医院で歯科矯正やセラミックのかぶせ物をした、インプラントをした、などが金額的には医療費控除の恩恵を受ける可能性がとても高いです。

そこで歯科医療における、矯正治療は医療費控除の対象にそもそもなるのかと言う議論があります。

すなわちもしこの治療がもっぱら見た目だけを治すことが目的となる美容整形的な内容の目的のものであると対象にならないと言う解釈があるのです。

一方その歯科矯正が歯並び特に噛み合わせを大切に考えて、医学的に健康を目的としたものならば何ら問題はありません。

ですので、あなたが受けたその歯科医療が噛み合わせを改善する健康を目的とする、または病的な状態を治すためのものであるのか、ただ見た目だけを直すことだけが目的の美容なのかその歯科医院で確認してみるといいと思います。

その医療行為がどちらなのかはその先生が一番よくわかっています。

では日々健康に気をつけ、楽しい生活を過ごしましょう。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「訪問口腔ケアとは?」歯ッピーになる歯のはなし・その188~知多ホームニュース令和4年10月号掲載

2022年10月19日

 

こんにちは、10月です。過ごしやすい季節になってきました。

お元気に楽しく生活していますでしょうか?

今回は訪問診療に関してお話ししたいと思います。

あなたは訪問診療、訪問口腔ケアなどをご存知でしょうか?

歯が痛い、入れ歯が痛い、のような症状があった際に、患者様本人が自宅や病院、介護施設等から外に出れない場合、歯科医院からそちらへ出向くスタイルです。

これは治療の場合を想定して書きましたが、最近は治療以外にも訪問診療は最近はたくさん行われるようになってきています。

その1つが訪問口腔ケアです。口腔ケアとは、年齢を重ねるにつれ寝たきりになったり外にあまり出歩くことができない、手がしっかり動かずしっかりお口の歯磨きができない、そのような状況が考えられます。

そのような方たちのお口の中をきれいにお掃除をすると言うことです。

へぇーなんか言葉で聞いてみるとただ歯磨きをしてもらうだけかと言うようにも聞こえるかもしれません。

しかしこの口腔ケアはとても重要な位置づけです。

人間は生きていく上で食事を楽しむと言う事はとても大きな楽しみです、もしかしたら生きがいです。

お口の中が綺麗で安定している状態、痛みがない、しっかりあるいはまあまあ噛める、そのような状況であればとても楽しく日々生活できるわけです。

ですが実際、多くの在宅あるいは病院で療養中、介護施設などに入っている方などのお口の中を見ると、綺麗な方も中にはいますが残念ながら不十分な方も時々見受けるわけです。

このような方たちがお口の中がもうあと1歩きれいになればとても快適で楽しい日常が戻ってきます。

また別の意味では、誤嚥性肺炎などの重篤な病気にならないためには、とてもお口の中のお掃除が大切です。

もしかしたら、うちのおじいちゃんは口から食べてないからもう歯磨きしなくても大丈夫だと思っている方はいませんか?

もしかしたらうちのおばあちゃんは総入れ歯だからお口の掃除は必要ないんですと思っている方はいらっしゃいませんか?

それは大きな勘違いです。

歯のあるないにかかわらず、口から食べている食べていないにかかわらず、口の中では常に雑菌が増えていきます。

この菌が体の中へと入っていき、誤嚥性肺炎の原因になるわけです。

ですのでいつまでもお口の中をきれいに保つと言う口腔ケア、お掃除はとても大切なのです。

お口の粘膜に余計な細菌が住み着き繁殖していってしまうのです。

ではいつまでも楽しく長生きして元気に生活していくために地域で自分と自分の大切な家族の体をみんなで守っていきましょう。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「医療資源の不安定」歯ッピーになる歯のはなし・その187~知多ホームニュース令和4年9月号掲載

2022年9月17日

 

こんにちは、まだ暑い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。

自分の体を大切にメンテナンスし健康に生活していきたいものです。

今世界ではまだまだ長くロシア、ウクライナの戦争が続いています。

この事は様々な食糧問題など世界規模でさらなる複雑な問題を起こしています。

また各国が輸入規制等を加速させており生活にも影を落としているいるようです。

特に医療に関しては大変心配な問題もあります。

それは医療資源が円滑に日本国内に安定的に入ってこない状況です。

医療で使われる様々な薬や器具、材料等は減って、日本国内で作られているものばかりでもありません。

むしろヨーロッパなどから入ってくるものもたくさんあるのです。

またこの物流の滞りによりいろいろなものが値上がりして、医療の足かせとなり、これが最終的には一人ひとりの患者様への大きな負担となっていくことがとても心配されます。

十分な医療資源がなければ、一人ひとりの患者さんに医療を提供する事は難しいです。

そのための一つの対応策として、確実に自分の安定した関係性を保っているかかりつけの医院を作ることが大切となってきます。

それは痛くなったときにだけ行く医院ではなく、普段から定期的にちゃんと通っていてその医院の受付やスタッフを始め先生からも関係性のできている医院です。

あなたのことをよくわかっている医院があるかどうかです。

医療資源がなくなっていくという事は、急に海外から普段使っている材料や機器が入らないあるいは修理にとても時間がかかると言うことが起きていきます。

このような時、普段からかかっている人は状況が分かるので医院としても戦略、準備ができ対応がしやすいです。

一方定期的にかかっておらず過去の検査データも乏しく、まして信頼関係ができていない場合、その際の対応は困難となることがあり得ます。

ですので、今後いよいよ患者様も医院と一体となり信頼関係を作り、一緒に命と健康を予防していくというかかりつけの医療体制の社会システムになっていきます。

では秋に向けて、日々楽しく生活しましょう。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「歯がないのを放置?」歯ッピーになる歯のはなし・その186~知多ホームニュース令和4年8月号掲載

2022年8月19日

 

こんにちは8月です。暑い日々が続きますが、あなたはお元気でお過ごしでしょうか。

今回は奥歯の噛み合わせについてお話をしたいと思います。

奥歯は一見口を開けた位ではあまり見えない場合もあります。

大きく開けると上の奥歯といえども見えています。

奥歯が一本二本くらいない場合、まぁこれぐらいならまだなんとかしのげると、放っておいても大丈夫かな、と思ったりしていませんか ?

放っておくとだんだん噛み合わせがずれ上下のバランスが悪くなります。

また前歯が横に倒れて歯並びが崩れてくることもあります。

しっかりした健康な歯のあるところで一生懸命噛むため、本来丈夫だった歯が早く悪くなることがあります。

すなわち、あまり見えないから、あまり目立たないから、あまり今のところ食事も何とか取れるから、と言ってついつい後回しにしてしまいがちなのです。

ですが、1年2年経つとあれ?なんだか変だな、ちょっと歯がずれてないかな?噛み合わせがずれてるような気が…。となるわけです。

ですがそれでも何とか食事ができたり、まして入れ歯を入れたりすると慣れてないし、はじめての人にとってはとても不便で使っていなかったりするわけです。

そしていよいよ大きくずれてしまい、残っている丈夫な歯に痛みやヒビ等が入って割れたり様々な症状が出てきて初めて治療を受けてみようかなと、重い腰を上げるわけです。

そうではなく、いつも噛み合わせが安定していること、上下左右が大体バランスよく噛めていることを大切に考えてください。

もし、歯がなかったり噛み合わせがおかしかったら早めの治療をお勧めします、早めの相談をお勧めします。

インプラント治療はある程度費用かかりますが、現状最も優れた治療法の1つとなっています。

ではあなたの日々の楽しい健康な日々を陰ながら応援しています。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「マウスピース矯正」歯ッピーになる歯のはなし・その185~知多ホームニュース令和4年7月号掲載

2022年7月19日

 

 

こんにちは7月です。蒸し暑くなってきましたね、お元気にお過ごしでしょうか?

今回は歯並びを治すマウスピース矯正に関してお話ししたいと思います。

一般的に矯正治療と言うと若い人のものと考えられている方が多いかもしれません。

しかし最近では年齢の高い方も矯正治療を受けています。

40代50代は当たり前、60代でも受けている方もたくさん見受けます。

特に年齢の高い方が歯並びを治すこと、矯正治療を受けることのメリットは実は大きいです。

高齢の方の場合、下顎の歯並びが崩れていくことが多いです。

もしこの崩れた歯並びを放っておいたまま、この先入院したり寝たきり状態になった場合、とても厄介です。

下顎の前歯は根が細く歯並びが崩れると抜け落ちやすくなります。

入院しているような状況で加速度的に歯が悪くなりふと気づくと歯が無くなっていることがあったりします。

その抜けた歯を誤嚥する可能性があります。場合によっては大変危険な状態になります。

このようなことがないよう、健康なうちにマウスピース等を使って歯を守っていく事を考えることも大切です

さてマウスピース治療ですが、プラスチックの透明な枠を口の中に入れて歯並びを治していくものです。

最新の技術では歯型を取ることなく、3Dカメラでお口の中の歯の状態のデータを取り、コンピューター上でマウスピースの設計をします。

そして3Dプリンターを用いてマウスピースを作ります。

これは今まで過去に歯型をとって手作業でマウスピースを作っていたものとは精度がかなり違います。

0.1ミリ単位で歯を動かすことも可能です。

費用と時間はある程度かかりますが、このような最新技術を用いた矯正治療を受けることによってより安全安心に健康的な体を得ることができます。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「歯科検診とは」歯ッピーになる歯のはなし・その184~知多ホームニュース令和4年6月号掲載

2022年6月11日

 

こんにちは、6月です。梅雨ですがお元気にお過ごしでしょうか。

6月は一般的に小中学校等では歯科検診の行われる時期です、また企業等においても様々な検診を推奨している時期でもあるかと思います。

学校や企業などでなどに所属していなくて検診を受けていない方も今一度自分の健康を振り返り受けてみましょう。

今回は学校における歯科検診について少しお話をしたいと思います。

学校で行われる歯科検診は集団検診と言われるものです。

その学校の保健室などで、各クラスの約30人から40人ぐらいの子供たちが保健室の前の廊下に並び順番に次から次へと保健室の中へ入って、1人ずつお口の中を見て行きます。

その際簡易的なライトなどでお口の中を照らしたりして歯科用ミラーを用いてお口の中をチェックしていきます。

一人当たりの検診の時間は約1分から3分程度かと思われます。

多くの子供たちを限られた学校の授業や行事の合間を縫って行われますので、必ずしも十分に時間をかけて歯科治療用の椅子に寝かせて検診をしているわけではありません。

またレントゲンを撮ると言うようなこともありません。

そのためこの検診の1つの目的としては統計資料として日本における子供たちが何歳位でどの程度歯が生え変わっているか、あるいは歯周病や虫歯、不正咬合、歯並び、顎の関節、様々な問題がどれぐらいの割合でいるのかと言う年齢推移の調査です。

さてお口の中の検診としては主に見ている事は歯周病などの歯茎の炎症などをチェックします。

また噛み合わせに異常がないかアゴに異常がないか、虫歯がないかなどをスクリーニングとして見ています。

スクリーニングと言う事は、すなわちこの集団検診で確定的な診断を行っていると言うわけではありません。

可能性のある人もしくは可能性の高い人を大勢の集団の中から簡便的に拾い上げ、そして可能性があるので次の段階として歯科医院等の病院へ行って受診を推奨しているものです。

ですので学校からもらった紙をもとに必要に応じて診療所を受診し改めて正確な診断を受けていくと言うことになります。

学校歯科検診の紙をもらったからといってがっかりすることもないですしあるいは逆にもらわなかったからといって油断することもどうかと思います。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「50代からのマウスピース」歯ッピーになる歯のはなし・その183~知多ホームニュース令和4年5月号掲載

2022年5月28日

 

こんにちは暑い位になってきました。あなたは元気にお過ごしでしょうか?

40代50代になると実はだんだん歯周病などが進行し始めたり、無意識における歯ぎしりが増え、噛み合わせや歯並びが崩れていくことがあります。

この噛み合わせの崩れは、1年間に約0.1ミリ程度ですのでご自身では気づかないことも多いです。

そしてある時気づくと、あれ、自分の歯はこんなに倒れていただろうか?と思ったりするのです。

また60代70代とさらに高齢になるにつれ口の周りの筋肉、舌の筋肉の強さは弱まりさらに生理的な動きなどが弱まり、その結果噛み合わせがずれていくこともあります。

このような加齢による歯のズレの現象を完全に抑える事はとても難しいです。

1つの方法としてマウスピースを入れることをお勧めします。

その人によっても状況、程度が違いますので様々ですが、下の顎にマウスピースを入れます。

このマウスピースは歯科医院で歯型を取りその人固有のものを作ることをことが大切です。

そしてそのマウスピースを例えば夜間寝るときに時々はめます。

必ずしも毎日はめる必要はないです。週に2、3日程度でいいでしょう。

ただし顎関節症など、症状が疑われる場合は、その歯科医院のドクターの診断に従いもっと多い日数、毎日就寝時にははめることが必要になる場合もあります。

また70代以降など高齢者になるほど、筋肉のバランスが崩れるため、同時に噛み合わせのバランスも崩れていきます。

そのため日中に、2、3時間程度で良いのでマウスピースをはめるのが1つの良い方法です。

特に老健など施設に入居している場合、かなり筋肉の衰えが進んでいく場合も多々あります。

ですので、マウスピースをはめて噛み合わせを守ることが大切となってきます。

噛み合わせが一旦崩れてしまうと、加速度的に歯は曲がって倒れていきます。

こうなると、リカバリーする事はかなり難しくやがて歯が抜け落ち、自然脱落します。

 

では皆さん、健康に留意して楽しいゴールデンウィークを過ごしましょう。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「歯周病の予防」歯ッピーになる歯のはなし・その182~知多ホームニュース令和4年4月号掲載

2022年4月13日

 

こんにちは4月です。お元気に楽しくお過ごしでしょうか。

さて今回は4月と言うこともあり新しいスタートですね。

ですので歯周病予防に関して改めてお話ししたいと思います。

歯科医院に行ってお口のお掃除をしてもらった事はあなたはありますか?

このお掃除、歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングです。

これをぜひとも受けた方が良いです。

特にこれを受けるとお口の中がすっきりして気持ちいいですよ。

この定期クリーニングは、その人の歯周病の状態にもよりますが大体2、3ヶ月に1度受けると良い場合が多いです。

20歳を過ぎると実は体は老化が始まっています。

歯に関して言えば歯を支える骨や歯茎は、1年間に0.1ミリずつ減っています。

これがお口の中の老化です。

となると10年で約1ミリ骨や歯茎が減っていると言うことになります。

正常な方でも30年経てば50歳の時3ミリ歯茎や骨が減っていると言うことです。

これを聞いてあなたはどう思いますか?

あなたがもし若ければ、どうせ先の事だろうと軽く思うかもしれません。

一方年齢の高い方であれば、自分はもうずいぶん減ってしまったなぁと寂しく思うかもしれません。

ですが、もし定期的な歯のクリーニングを受けていればこの現象は少し抑えることができます。

全くゼロにすると言う事は難しいです。

しかし10年で1ミリ減るのが、0.5ミリに抑えられる。30年で3ミリ減るのが1.5ミリに抑えられる、ような予防効果が期待できるのです。

これはとても嬉しいことです。

歯を削って治療することを考えればとても効果的な方法です。

歯のクリーニングは具体的には歯の溝の中を専門的な器具で洗って出来る限りツルツルにすることです。

もちろん歯の表面も機械で掃除しますが、特に溝の中をきれいにする事はとても自分では難しいです。

また位相差顕微鏡を用いて適時溝の中に細菌が住み着いていないか検査をしたりします。

では皆さん自分の体を大切に生活しましょう。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「シワとほうれい線」歯ッピーになる歯のはなし・その181~知多ホームニュース令和4年3月号掲載

2022年3月12日

 

 

こんにちは3月です、少しずつ暖かくなってきました、嬉しいですね。

元気に楽しくお過ごしでしょうか?

さて今回は、口元にできるシワやほうれい線に関してお話をしたいと思います。

あなたはシワやほうれい線ができるのは、肌が老化するからだと考えていますか?

そうですね。確かにそういうことも多分にあると思います、しかし実はお口の中、お口の周り、歯の健康、歯周病などとも大きく関係があるのです。

人は年齢を重ねるにつれ加齢していきます。歯で言えば、歯の周りの骨は年齢とともに少しずつ減少していきます。

具体的には1年に0.1ミリ歯の周りの骨は減っていると言われています。

顎の骨も年齢とともに少しずつ痩せていくわけです。

また顎や口の周りの筋肉も年齢とともに少しずつ弱っていきます。

すなわち口の周りは加齢によりだんだん弱っていき、その結果口元にはシワができたりほうれい線がより目立ったりするようになることが起きたりするのです。

ですので顔の周りのシワやほうれい線を出来る限り目立たなくしていきたいと言う点においては、単に肌のケアをするだけではなく、お口の健康をしっかり考えていくことが大切です。

そのためにはまずいつまでも歯を失わないことです。

歯の本数が減れば噛み合わせの力も弱くなり筋肉は衰えます。

また少ない歯の数だけで噛んでいるので骨も弱りやすいです。

老化が加速度的に進んでいくわけです。

もしあなたが歯を失ってしまっていたとしたら、歯のない部分を補うべきです。

それは例えば入れ歯を入れる、ブリッジをする、インプラントを入れるなどです。

噛み合わせが安定することにより、歯の噛み合わせがどんどん崩れていったり骨が加速度的に減ったりすることを予防するためです。

また加齢とともに噛み合わせの高さは低くなっていきます。

噛み合わせの高さが低くなればなるほど、シワやほうれい線も目立ちやすいです。

ですので歯周病のケアなど十分に気をつけていきたいものです。

特に歯周病で歯が弱くなっていくと歯並びは崩れやすく、口元の上下の高さが短くなります。

また顎の骨もどんどん減っていき土台が小さくなるためシワも目立ちやすくなったりします。

ちょっと寂しいですね。

では皆さん健康に留意し素晴らしい笑顔を大切に元気で日々を過ごしていきましょう。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0526018001へ

受付時間
9:00〜12:00
14:30~17:30
▲土曜 9:00~13:30 【休診日】日・祝祭日・土曜午後
初診最終受付 17:00、土曜初診最終受付 13:00
ご予約・お問い合わせはこちら
小島歯科室の外観
初診の方限定、歯ブラシ・キシリトールガムをプレゼント
© 小島歯科室