電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

月2回発行されている情報紙です。
中旬号(歯ッピーになる歯の話)ではお口にまつわるコラムを掲載しています。

「歯科の金属アレルギー」歯ッピーになる歯の話 その175~知多ホームニュース・令和3年9月中旬号掲載

2021年9月14日

 

皆さんこんにちは。9月です。

お元気にお過ごしでしょうか。

今回は金属アレルギーに関して話をしたいと思います。

歯の治療をする際、様々な金属の材料を使うことがあります。

特に被せ物の場合、奥歯などに金属をかぶせます。

近年では金属をかぶせると金属アレルギーになるのではないかと言うことが懸念されています。

実際問題、多くの金属は大丈夫な場合が多いですが、特に金やプラチナなどの貴金属を使っていればまず問題が起きる人はいません。

またチタンという骨の中に埋める時にネジとして使う金属もあります。

医療で古くから使われている金属でチタン金属ではまず問題が起きる事はありません。

歯科用のインプラントでもチタンの材料を使っています。

アレルギー対策として、最新の材料としてはセラミックを使う治療となります。

セラミックの問題点としては保険の材料ではないため費用がかかる点です。

一方金属の代替材料として保険で使われるプラスチックタイプの被せ物があります。

この被せ物はだいぶ研究が進み、以前よりは材料として進化してきています。

が、弱点も色々とあります。

その弱点としては水を吸うということが1つ挙げられます。

お口の中に水を吸うという事は色が変色していくと言うことです。

それと水分を吸うため菌の繁殖の場となり、歯周病や虫歯の再感染が起きることが考えられます。

そしてプラスチックであるために摩耗もしていくことです。

この問題点はやがて咬み合わせがだんだんとずれていく、低くなっていくということになってきます。

特に奥歯にこのプラスチックのものを使うのは、人によっては噛み合わせは不安定な状態を招き、全てをやり直さなければいけなくなることも考えられます。

現状、保険の材料を使う場合はプラスチックタイプよりも金属タイプの方がまだ耐久性が高いと考えられます。

ちなみにセラミックの場合、色合わせをすることが可能です。

セラミックを作る専門の歯科技工士が色合わせを行ったり、専用の色合わせのガイドを使ってお口の中の歯の色の写真を撮り最適な色形をそれぞれ個々の人に応じた設計をすることが可能であることが非常に有利な点です。(写真参照)

では皆さんお口の中は菌の少ない、安全安心な生活を送りましょう。

 

<次の記事 │ 前の記事 >

「歯ぎしり用マウスピース」歯ッピーになる歯の話 その174~知多ホームニュース・令和3年8月中旬号掲載

2021年8月17日

 

 

こんにちは、暑い日が続きます。

お元気ですか?体に疲れがたまっていますか?

さて、今日は、歯ぎしり用マウスピースの話をしたいと思います。

あなたは自分が歯ぎしりしていると思いますか?

例えば家族から歯ぎしりの音が寝ているときにしているよ、と指摘される方もいると思います。

あるいは自分で、朝起きるとなんだか顎が疲れている。

しかし一時間ほどするとどうっていうことはない人。

自覚的に、もしかしたら寝ている間にぐっと歯をくいしばったり、歯ぎしりしているのかなと思いっている場合。

これらの場合は、恐らく歯ぎしりやくいしばりを、無意識のうちにしていると考えられます。

歯科医院のお口の中の検査では、歯が削れている、歯が欠けている、重度の場合には折れている、歯の被せ物がはずれやすいなど、が見受けられます。

下の顎のエラが張っている場合も、歯ぎしりやくいしばりが多い可能性が高いと診断しています。

歯ぎしりと原因としては、一般的にはストレス、疲れなどが考えられますが、歯並びが悪い場合も起きやすいです。

また生理的に年令を重ねるとともに、増えていくことも考えられます。

夜間、寝ている間は自然と下の顎は動きます。

自分の意志に関係なく顎は動いています。

この動きは加齢とともに増加していき、人によっては強い歯ぎしり、くいしばりとなり、歯を削ったり顎に疲れが残ったりするわけです。

問題点として、歯ぎしりが重度になってくると、自分の歯を折ってしまう、ヒビが入ってしまうことがあります。

また、歯周病のある方では歯周病が進行することも有り、顎の骨や歯茎がやせていく人もいます。

歯ぎしり用マウスピースは、このような歯や骨、筋肉がダメージを受けるとこから守ります。

特に歯が欠けたり折れたりしないためには、マウスピースをすることをおススメします。

もし、あなたが40代以上で、歯を磨いているにもかかわらず、たくさんの歯の治療をしているとしたら可能性は高いです。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「口腔ケアとコロナ対策」歯ッピーになる歯の話 その173~知多ホームニュース・令和3年7月中旬号掲載

2021年7月19日

home202107中旬

 

みなさん、こんにちは、7月です。

暑くなってきましたがお元気にお過ごしでしょうか?

炭酸ジュースなど飲みすぎたりしていませんか?

あなたはいつも、お口のクリーニングのために定期的に歯科医院を訪れて歯石を取ってもらったり、歯科衛生士によるおそうじのメンテナンスを受けていますか?

高齢者であれば、在宅や老健施設などで、訪問による口腔ケアを受けているでしょうか?

この歯科衛生士による歯のそうじ、クリーニングはぜひとも受けると良いです。

そのメリットは様々なことが挙げられます。

例えば、お口の中がすっきりして気持ち良い。

自分では磨ききれない、難しいところがきれいになる。

歯周ポケットの溝の中をしっかり洗ってもらえる。

お口の中の余計な細菌が減り、全身の健康状態も安全。などなど。

実は人の歯の周りの骨や歯茎は、大人になると自然と生理的に減っていきます。

人にもよりますが、その減り具合はなんと一年間で約0.1ミリ、ということは10年経てば、骨が1ミリも減っているのです。

自然と歯は弱っていくのです。

ですが、もしあなたが定期的にクリーニングを受けている場合、この生理的な減り具合を最小限に抑えることができるのです。

まさにアンチエイジグです。

いつまでも若々しく元気で楽しく生活していくために自分の体を大切にしてください。

また、人によってはコロナの感染との関係についても心配されている人もいるのではないでしょうか。

今現在わかっていることとして、歯科医院においてクラスターが発生したということはないです。

これはおそらく、クリニックは元々、すべての器具等消毒するシステムで医療が行われていることや、衛生管理がきびしい環境であることなどが考えられます。

また、お口の口腔ケアを受けている人と、受けていない人では、特に高齢者の場合、コロナを含め様々な細菌感染等による肺炎などの病気の発生率は有意に差があることが大学病院などの研究者から発表されています。

命を守るためには、まず、お口の細菌を減らすことです。

 

<次の記事 │ 前の記事 >

「オゾンで除菌」歯ッピーになる歯の話 その172~知多ホームニュース・令和3年6月中旬号掲載

2021年6月18日

 

こんにちは、梅雨です。お元気ですか?

段々と暑い日が増えていますね。

今回は、殺菌、除菌についてお話したいと思います。

病院、歯科医院などでは様々な医療機器を殺菌(滅菌)しています。

このようなことは現在コロナが騒がれる前から行われてきたことです。

ですが、この度、特に改めて、より厳密に行われていることです。

最近では藤田医科大学病院のオゾンによる殺菌(滅菌)の仕組みがTVで紹介されて、有名になりました。

オゾンを利用する方法は、実はかなり以前から行われていました。

医療だけでなく、食品関連でも応用されていますし、工業などでも電子機器などの精密な部品はきれいに正確に仕上げるためにオゾン処理が行われていたりします。

家庭用のものとして、オゾンを利用した空気清浄機なども流行りはじめています。

その理由の一つとしては塩素を用いた除菌方法より、より安全であろうと言われている点です。

次亜塩素酸などを用いる手法は割合に安価なために様々な分野で除菌のために行われていますが、その濃度の蓄積は人体に害を及ぼすのではないかとも考えられています。

一方、オゾンに関してはかなりの高濃度のものを摂らない限り、安全です。

通常使われているオゾン機器はきわめて安全です。

ただし、手術室など、空間を完全に除菌するタイプのものだけ、高濃度のオゾンを発生することができます。

このようなタイプでは空間除菌をした後に十分な時間を保って排気してからの部屋の使用となります。

歯科医院の待合室、診療室内など、医院の中でも空間除菌は行われています。

多くの人が行き来する空間では人体に安全な範囲の空間除菌がオゾンによって可能です。

例えていえば、家庭用のオゾン空気清浄機の大型版です。

また、水についてですが、通常水道水はごく微量の塩素により除菌が行われていることがほとんどです。

きれいな水なのですが、人によってはペットボトルの水を買って飲んだり、ウォーターサーバーを家庭に置いて使っているかと思います。

病院、歯科医院においては、通常の水道水を施設の中に入るところで機械を用いてオゾン水に置換してより安全な状態で使っていることもあります。

オゾン水を使うことによって施設内の配管の中も経年劣化による汚れの人体に影響するリスクが低くなります。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

「子供の睡眠」歯ッピーになる歯の話 その171~知多ホームニュース・令和3年5月中旬号掲載

2021年5月17日

 

こんにちは、6月です。

あなたは夜ぐっすりと寝られていますか?

よい睡眠は、心と体の健康にとってとても大切であると考えられています。

睡眠をとる際、呼吸に問題があることが多いです。

呼吸の障害は、実は、幼少期に始まっています。

この呼吸の問題を治療しないで放っておくとさまざまな障害が起こる可能性が高いです。

有名なものは睡眠時無呼吸症です。

特に子供の場合、障害としては、行動、学習、成長発達に悪影響がでてきたりします。

この問題は放置すれば、おとなになっても持続し、悪化し続けたりします。

最新の研究では、多数の子供に何らかの睡眠呼吸障害があることがわかっています。

実際には、かなり多くの子どもたちに問題があるのではないかとWHOでは警鐘を鳴らしています。

ある論文には、鼻呼吸の重大さが書かれています。

そこには、子供のうちに鼻呼吸の確立をすべきである。

頭の成長、気道の発育には、鼻呼吸が重要にかかわっている、と。

現状、残念ながら多くの小さい子供はほとんど口呼吸をしています。

この改善、鼻呼吸をするためのトレーニングとして、子供用のマウスピースがあります。

このマウスピースは口呼吸から、だんだんと鼻呼吸の割合を増やしていくためのトレーニング装置です。

トレーニングにより気道を開き、舌の位置の改善も同時に行っていきます。

口を閉じることを体の筋肉に覚えさせます。

また、歯並びの悪い子供は、ほぼ呼吸に問題があることがわかってきています。

逆にいうと、正しい鼻呼吸、よい睡眠がとれている子は歯並びは悪くない場合が多いのです。

ではみなさん、だんだん暑くなっていきますが、元気に楽しく過ごしましょう。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

歯ッピーになる歯の話 その170~知多ホームニュース・令和3年4月中旬号掲載

2021年4月16日

「歯の色合わせ」

 

こんにちは、4月も始まり、また新たなスタートです。

お元気にお過ごしでしょうか?

今日は歯の色合わせについてお話したいと思います。

もしあなたが歯が折れて一本をかぶせ物の人工物で作ることになったとします。

新しく一本の歯を作るわけですから、両隣の歯の色と近い色で歯ができてくれば、自然な感じでなじむことでしょう。

両隣の色となじむことも大事ですが、お口全体ではどうでしょうか?

また咬む相手の歯の色なんかどうでしょうか?

このように、歯の色を気にしてみると、作る際に色をどうするかを事前に考えたほうがよさそうです。

「シェードテイキング」という言葉が専門用語であります。

これはセラミックの歯を作る歯科技工士が、歯の色や形を合わせるために、実際に患者様のお口の中をみることをいいます。

実際に歯を作る前に、一度お口の確認作業をします。

この時には、新たに作る一本の歯を自然な仕上がりにするために、両隣の歯の色を確かめますし、もちろん全体の歯の色もみていきます。

さらに咬み合わせ、顎の動きも確認することがあります。

それは単に色が合うことも大事ですが、本来は正しく咬むということがありますのでカチカチ咬んだり、顎を動かしたりのバランスなどもみて、形をどのように仕上げるべきかもチェックしているのです。

歯科技工士は専用のカメラであなたのお口の歯の写真も撮ります。

その色の色データをもとに歯を作成していきます。

(ちょっとした絵描きですね!)

また奥歯などのあまり目立たない歯を白井かぶせ物で作る場合には、多くの場合は多くの場合は先ほどふれた「シェードテイキング」は行わないことが普通です。

この場合は歯科医師が色を確認して、歯科技工士に伝えています。

この時に作る歯の色は日本人に最も多い色を指定することがほとんどです。

それは今後、他の歯も治療してかぶせることになったとしても特殊な色を指定するよりも平均的な色でやっておくことによってズレが起きにくいためでもあります。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

歯ッピーになる歯の話 その169~知多ホームニュース・令和3年3月中旬号掲載

2021年3月15日

 

 

「デジタルレントゲン」

 

こんにちは、3月です。少しずつあたたかくなってきましたね。

あなたは普段日常生活を送っていて、放射線を浴びていることをご存じですか。

自然放射線といって、太陽や大気から浴びます。大地からも浴びます。

また食べ物の中にも入っています。

このような自然放射線を年間あたり約2.4ミリシーベルト浴びているといわれています。

ちなみに日本からアメリカまで飛行機で往復すると0.2ミリシーベルト浴びるそうです。

私たちは実は放射線被ばくをまったく受けないで生きていくということはとても難しことになっているのです。

では、私たちはとても危険な状態にあるのかというと、そうではないのです。

年間あたり100ミリシーベルトまでの放射線を浴びてもガン細胞が過剰に発生しないというデータがあります。

ですから、もしあなたが、一年間あたり100ミリシーベルト以上浴びるようでしたら、気をつけた方がよいでしょう。

しかしそのような状態になることは通常ないと思います。

では歯科医院におけるレントゲン検査はどうでしょうか?

歯科医院におけるレントゲンは最近はとてもよい医療機器が開発されていて、デジタルレントゲンというものになっています。

このタイプのものはきわめて放射線が少ないです。

小さいレントゲン写真一枚なら0.01ミリシーベルトです。

大きな写真を一枚撮ると0.03ミリシーベルトです。

このような低被ばくのデジタルレントゲンは一年間あたり10枚、20枚撮影したとしても、自然放射線よりもかなり少ないのです。

安全なのです。

このようなことから、レントゲン検査をして、より正確な情報のもと、歯科治療を行っていくのです。

例えば妊婦の方でも、デジタルレントゲン検査では体への影響はかなり少ないです。

ですので、正確な診断が必要な場合には、この検査を行うことがあります。

(しかし、精神衛生上負担になることもありますので、多くの場合撮影を控えています。)

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

歯ッピーになる歯の話 その168~知多ホームニュース・令和3年2月中旬号掲載

2021年2月25日

 

 

「バレンタインと白い歯」

 

こんにちは、2月です。

2月にはみんなの大好きなバレンタインデーがあります。

日頃お世話になった人ちょっとしたプレゼントを渡すことによって感謝の気持を伝えるよい機会ですね。

私は個人的には、小さなチョコ1個と歯ブラシをペアで渡したりするととてもおしゃれなんじゃないかな思います。

健康志向を伝えてみてはいかがでしょうか。

さて、チョコをたくさん食べ過ぎると虫歯になってしまうのではないかと、多くの方は気にすることがあるかと思います。

チョコの中には砂糖が入っているので虫歯のリスクがあります。

一方で歯みがき粉の中には、虫歯予防や歯を白くすると謳ったものがあります。

はたしてどうでしょうか?

専門的な立場から言うと、ある一定の効果は望めるかもしれませんが、あまり期待しないほうがよいことが多いことが多いと考えられます。

歯みがきをすることによって虫歯や、歯周病は予防できます。

これは物理的に歯ブラシや、デンタルフロスなどの汚れを落としてお口の中をキレイにしていくわけです。

この際、補助として歯みがき粉は利用します。あくまで補助なのです。

あなたはどこかで「再石灰化」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

虫歯でボロボロに崩れそうな歯の表面を歯みがき粉がコーティングして修理してくれるようなイメージのものです。

多少なりともこのような修理は起きるかもしれませんが、虫歯になったものを治すというレベルでは難しいです。

また、虫歯に進行を止めることも難しいです。

その理由の一つとしては虫歯の進行は、単にその歯に虫歯菌がいるから進行するという要因だけで状況が決まっているわけではなく、その人のだ液の状態なども大きくかかわっているのです。

さらに歯みがき粉で白くするというのはなかなか難しいです。

もし、あなたの歯に食べ物の色がついたり、タバコのヤニがついたとしたら、それは、歯ブラシ、歯みがき粉で落ちることはあると思います。

ですが、先の「再石灰化」という修理が起きてさらに白くなっていくのは、あまり期待しないほうがよいと思います。

最後に、3月にはホワイトデーが待っていますね。

チョコには砂糖ではなく、キシリトール入りのものもあり、虫歯対策の打たれたものもありますので参考にしてみて下さい。

 

< 次の記事 │ 前の記事 >

歯ッピーになる歯の話 その167~知多ホームニュース・令和3年1月中旬号掲載

2021年1月22日

 

「鬼滅の刃と呼吸」

 

 令和三年の始まりです。

あなたは「鬼滅の刃」というアニメをご存じですか?

とても流行っているアニメです。

このアニメ(マンガ)はごく簡単に言うと鬼退治する話なのですが、この物語の中で呼吸の話がでてきます。

「全集中の呼吸」というフレーズがあります。

何はなくとも、全てにさておき、呼吸を集中して行うことが大切なんだと感じるような言葉です。

 あなたは人間にとって呼吸がいかに大切かをおそらくご存じだと思います。

呼吸の大きな目的の一つは体内に酸素を取り入れることです。

生きている限り、人間は呼吸をし続けています。

夜寝ている時も呼吸は止まることなく、すっと続けています。

呼吸以外にも人間にとって大切なことはいろいろありますよね。

例えば食べること。

このお正月の間、たくさんごちそうをいただきましたか?

もしかして食べすぎて太ってしまいましたか?

人間にとって食べることも確かに大事です。

しかし、食事を一回や二回抜いたからといって死ぬことはないです。

が、一方呼吸というものは常にしていて、今日は午前中から忙しかったから呼吸はするひまはなかったよ。なんて人は誰もいません。

 さて、みなさん、歯やお口の役割は何でしょうか?

おいしくご飯を食べること。これが一番に浮かんでくると思います。

ですが実は、歯は呼吸に大きく関わっていることが最新の研究でわかってきています。

理想的な呼吸は鼻呼吸です。口を開けての呼吸ではありません。

しかし、人間の体は、瞬間的に酸素が足りないときには口を開けて息をすると言われています。

もしあなたが、プールで溺れそうになったら、理想的な鼻呼吸をするでしょうか?

まず間違いなく、口呼吸を反射的にしています。

溺れるようなことは滅多にはありませんが、実は、夜間寝ている時にそれに近い状態が瞬間的に起きていることがわかっています。

その時、人間は下アゴを前に出して気道を大きく開けようとします。

この動きがスムーズに動くには歯がその下アゴの動きを誘導しています。

咬み合わせが悪い人はこの動きがスムーズではありません。

そのために順調に酸素が取り込まれず、不健康になる要因であるということなのです。

歯がない人はそのガイドがないためにより危険です。

いざという時に酸素を取り込むために、歯やお口はとても大切なのです。

 

< 次の記事  │

歯ッピーになる歯の話 その166~知多ホームニュース・令和2年12月中旬号掲載

2020年12月16日

 

「筋肉の記憶」

 

 みなさん、こんにちは、12月です。もうすぐクリスマスですね。

とても寒い冬、震えて足を動かしていますか?

あるいは、寒くても朝早起きしジョギングなんかして筋肉をきたえ、体を温めていたりしますか?

 さて、今回は筋肉は記憶しているという話をしたいです。

 例えば、あなたは子供の頃、野球を習っていたとします。

毎日、バッティングの練習をして素振りも頑張って、少年野球選手としてはそこそこ活躍しました。

小1からはじまり小6の時には大会に出場してホームランなんかも打ちました。

ですが、中学生になってからはパソコン部に入り野球を一斉やめてしまいました。

運動とは縁のない生活を送ってしまいました。

ところが、社会人になってまわりの同僚や先輩たちが草野球をやっていて、誘われました。

久しぶりなのでまったくできないと思ってチャレンジしてみたのですが、何と誰よりも打てるではありませんか。

何故か、体はバットを振ることをしっかり覚えていて、またみごとにホームランをかっ飛ばしてしまいました。

筋肉はその微妙な動きを記憶していて、力を発揮してくれたのでした。

 この話を通してみなさんに伝えたいこと、それは、子供の頃に正しい筋肉の使い方を練習することは、単にその一時のことだけではなく、一生モノだということです。

特に健康という点において、鼻呼吸をすることが大事です。

実は鼻呼吸が上手にできるかは、その人の歯並び、お口のまわりの筋肉、舌の筋肉の使い方、飲み込み嚥下などが大きくかかわっています。

すなわち筋肉を正しく使っているか記憶を小さい子供の頃、特に、小学校2年生までにマスターしたか、どうかが大きいです。

 大人になったあなたも、今、もし、口を開けて呼吸をしているようなら口を閉じて鼻で呼吸を少しずつ習得していって下さい。

健康的な長生き人生は、鼻呼吸がかかせません。

歯やお口の役割は単に食べることだけではなく、むしろ正しい鼻呼吸をするための大切な役割を持っています。

 ではまた来年、笑顔で会いましょう。

 

 

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0526018001へ

受付時間
9:00〜12:00
14:30~17:30
▲土曜 9:00~13:30 【休診日】日・祝祭日・土曜午後
初診最終受付 17:00、土曜初診最終受付 13:00
ご予約・お問い合わせはこちら
小島歯科室の外観
初診の方限定、歯ブラシ・キシリトールガムをプレゼント
© 小島歯科室